日本食の習慣が減った今こそ植物性乳酸菌ではないでしょうか。

日本食の習慣が減った今、植物性乳酸菌を取りましょう

日本食の習慣が減った今、植物性乳酸菌を取りましょう

朝ごはんに、漬物とお味噌汁というのはもう、昔の話になってしまたのでしょうか。

パン食に変ったり、ファストフードや肉類の大量摂取など、食の欧米化が進み、日本人の食生活が大きく変わりつつあります。

日本人は、カロリーが低く、消化のしにくい野菜類を多く取ってきたため、多くの植物性乳酸菌を摂取してきました。

欧米人に比べ腸が長いのも植物繊維を消化するためだと言われます。

そのおかげでタンパク質や脂質を栄養源とする「ウェルシュ菌」や「大腸菌」のような悪玉菌が少なかったのですが、現代、食の欧米化とともに、野菜、きのこ、海藻などの植物繊維の摂取量が著しく減少しています。

さらに肉食が増え、日本人の悪玉菌と善玉菌のバランスが崩れつつあります。

社会生活でのストレスも悪玉菌を増やす要因となっています。

ストレスは消化液の分泌を制御する働きがあるので、悪い腸内環境でも生息する悪玉菌の量が増えてしまうのです。

また、運動不足や寝不足による不規則な生活も悪玉菌を増やす生活習慣の一つです。

食には好みはありますが、できれば日本の伝統の食生活を見直したいものです。

朝も時間に追われる現代社会ですが、できるだけ規則正しい生活と、植物性乳酸菌を摂取して腸内の環境を整える習慣をつける努力をしなければなりません。

植物性乳酸菌であるラブレ菌

京都の漬物、「すぐき漬け」から発見された植物性乳酸菌で、塩分や酸に非常に強い乳酸菌として注目されています。

ほとんどの乳酸菌が胃酸や腸の消化液により死滅するなかで、生きたまま腸に到達し腸内に溜まり、大量の乳酸を作り出すことで、腸内の環境を整える効果、免疫力を強める効果、体内でのインターフェロン生成を促進する効果が期待されています。

インターフェロン生成を促進することは、ウイルスやがん細胞を攻撃する細胞を活性化し、病気への免疫力を強めるということです。

C型肝炎やウイルス性疾患を改善するともされています。

また、腸内でビフィズス菌などの善玉菌を増やす働きもあります。

植物性乳酸菌のすすめ

ラブレ菌を増殖させるには、植物性乳酸菌を取るときに、オリゴ糖や食物繊維を同時に取ることが必要です。

植物性乳酸菌であるラブレ菌の効果を最大に引き出すには、この乳酸菌自体を摂取することと、乳酸菌のえさになる物をいっしょに摂取することが求められます。

漬け物などの摂取方法のように、乳酸菌と植物繊維を同時に食べる方法は実に理にかなっていると言えます。