日本食の習慣が減った今こそ植物性乳酸菌ではないでしょうか。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い

乳酸菌といえば、ほとんどの方がイメージされるのは子供のころからあるポケットサイズの乳酸菌飲料ではないでしょうか。

私も実際、乳酸菌イコールで乳酸菌飲料と思っていました。

現在、スーパーへ行くとかなりの乳酸菌の商品が並んでいますが、あまり見たことはないという方がほとんどではないかなと思います。

一般的に乳製品や乳酸菌と記載されているものは動物性乳酸菌で、乳を原料としているものです。

私の記憶では数年前には気づいてなかったと思うのですが、ここ数年の間に植物性乳酸菌と記載されている商品が発売されたと思います。

よくテレビコマーシャルでも見かけたと思います。

植物性乳酸菌はその名の通り、植物から取れるものですが、植物性と聞くと体に良くて動物性よりもヘルシーなイメージがありますがどうなのでしょう。

実際のところ、植物の中に存在し、昔ながらに利用されてきていました。

意識している人は本当に少ないと思いますが、実は日本食の中には植物性乳酸菌が豊富に含まれているのです。

植物性と動物性の違いと言われて私が考えることは、作りだした物の元となるものが動物なのか、植物なのかということだと思うのですが、これが一般的ですよね。

よくダイエットのための食品を選ぶ時に動物性の物はカロリーが高いので、植物性の物で代用可能であれば植物性を選ぶことがあります。

ただ、化学的に作られたものもあるので、すべてが植物性を選ぶということが良いわけではないようです。

乳酸菌はどうなのでしょうか。

植物性乳酸菌は化学的に作られたものではなく、植物が発酵する際にできる菌なので自然にできるもので、さらには動物性乳酸菌よりも効果が期待できる特徴をもっているようです。

乳製品を摂取しない人より野菜を食べない人の方がはるかに少ないと思いますので、動物性乳酸菌よりも身近なところに存在するということですよね。

植物性乳酸菌はあらゆる植物から作り出すことができ、生命力が強いのです。

私が思うのは、体内に取り込んだ時の効果も動物性乳酸菌よりもはるかに期待できるということです。

植物性乳酸菌のことならこのサイトがいいですよ。

植物性乳酸菌について知りたいならここがオススメ!